目立ってしまうひどい顎ニキビ…その治し方とは?

 

顎に小さなブツブツがたくさん…
大きなニキビが赤くなって目立つ!

 

そんな顎ニキビにお悩みの人は多いのではないでしょうか。
顎ニキビはホルモンバランスが乱れることによってできやすく、
特に女性は生理前などによくみられることが多いです。
また食生活の乱れや睡眠不足など、生活習慣の乱れがニキビとなって現れる場合もあります。

 

一刻も早く顎ニキビを何とかしたい…そんな人のために、
ここではひどい顎ニキビの治し方について紹介していきます。

 

ひどい顎ニキビを治す4つの方法

 

 

顎ニキビを治すにはどんな方法が効果的か、詳しく説明していきます。

 

触らない!

 

ニキビはできてしまうと気になってしまうもの…。
特に顎は手で無意識に触ってしまいがちですが、
触れることでばい菌が繁殖しニキビが悪化する可能性もあります。
早く治すためにはなるべく触れずに、肌を清潔に保つことを心がけましょう。

 

ニキビを隠すためにマスクをする人もいますが、
常にニキビにマスクが触れている状態はあまりよくありません。
外すか、なるべくつける時間を短くしましょう。

 

優しく洗顔をする

 

ニキビは汚れが残っていても治りませんし、
よく洗いすぎてもニキビに刺激を与えてしまいます。
また乾燥を引き起こして悪化させてしまう場合も考えられます。
ネットなどでよく泡立てた洗顔料を使い、
肌に手が触れるか触れないかくらいの強さで優しく汚れや皮脂を落としていきましょう。

 

保湿をする

 

ニキビに乾燥は大敵です。洗顔して肌が綺麗になった後はしっかりと化粧水で保湿しましょう。
叩き込むようにつけるとニキビに刺激を与えてしまいますので
手のひらで軽く押すようにつけていきましょう。

 

ニキビ用の化粧水を使うのも効果的ですよ。
保湿できるだけではなく、炎症を抑える成分が気になるニキビの治りを早くしてくれます。

 

市販の薬を使う

 

炎症がひどい場合やなかなか症状がよくならない場合は
市販で売られているニキビケア用の塗り薬を活用するのも一つの手です。
いろいろな種類が販売されていますから自分の肌に合うものを探してみましょう。
ニキビ用ではありませんがオロナインも効果的です。
殺菌効果や炎症を抑える成分がニキビの治りを良くしてくれます。

 

治らない場合は皮膚科に相談してみよう!

 

 

普段のケアで症状が良くならない場合は皮膚科を受診してみましょう。
症状にもよりますが、市販のものより効き目の強い塗り薬を処方してもらえるようです。
また菌を減らす抗生物質やホルモンバランスを整えてニキビを減らす飲み薬を処方されることもあるようです。

 

ひどい顎ニキビの治し方 まとめ

 

大切なのはニキビに刺激を与えないこと、
肌を清潔に保つことです。
この2つでニキビが悪化するのを防ぎます。

 

「リプロスキン」という化粧水なら保湿とニキビの炎症を押さえる
効果が同時に期待できます。
ひどい顎ニキビを治すにはぴったりのアイテムですよ。

 

また顎ニキビの原因となっている習慣をやめることも大切です。
バランスのとれた食事、質のいい睡眠、ストレス対策などを意識して行い、
ニキビのないすべすべな肌を手に入れましょう!